HOME
バンコク
グランデ センターポイント ラチャダムリ
Grande Centre Point Ratchadamri
2009年7月宿泊
                                                                                                       
今回の訪タイでは、グランデ センターポイント ラチャダムリ(Grande Centre Point Ratchadamri)
グランドスイート(1ベッドルーム、69u)に宿泊しました。2007年の終わり頃、センターポイントの最高峰
としてオープンしたサービスアパートですが、今回、宿泊日程が良かったのか、予約のタイミングが良
かったのか分かりませんが、1泊税・サ込で約72ドル(約2,450バーツ)と超格安でした。

久しぶりにセンターポイント系のサービスアパートに宿泊しましたが、何よりもまず、従業員のホスピタ
リティの高さを再認識しました。とにかく全ての従業員の笑顔とワイが印象的でしたね。やはりセンター
ポイントはスタッフ教育がきちんとされていると思います。

場所はラチャダムリ通りのフォーシーズンズホテルとペニンシュラプラザの間のソイを入って数10メー
トル、BTSラーチャダムリ駅からは徒歩3-4分と立地は良いのですが、近くにコンビニがなく、アパート
内にもミニマートはありません(当初はあったが、閉鎖されたようです)。これが唯一の減点ポイントで
しょうか。

部屋の内装は白を基調とした明るい印象、かつ家具類はこげ茶色で統一して高級感をだしています。
センターポイントというと木目調の内装・家具を多用しているケースが多かったのですが、少し古臭い
印象になってきたのか、最近はシーロムの改装も白を基調として、こげ茶色の家具というパターンに
なっていますので、グループ全体でこういう方向性になっているように思います。

他のセンターポイントではお約束のバルコニーがここにはありません。窓は床から天井まで大きくとっ
てありますのでかなり明るいです。リビングルームのごく一部の窓が少しだけ開きますので、喫煙する
場合も部屋にタバコの煙がこもりません。床近くから下向きに開き、高層階ですので、高所恐怖症の
私には少し怖かったですけど。

このラーチャダムリの物件は、センターポイントの最高峰ということですが、部屋の造りは他の物件と
比べて、格別に豪華という印象はありませんでした。それでも、ロビーが広くて豪華で夜にはタイの楊
琴・キムが演奏されている、部屋の入口のドアが大きくて立派、部屋内にFAX機が設置してある(サラ
デーンにもあったと思います)、リビングルームには40インチの大型液晶テレビ(ソニー・Bravia)が
設置等、他の物件とは違うなと思わせる部分もあります。

宿泊客が少ないためか、朝食メニューの種類は多くなかったですが、おいしく頂きました。シングルで
予約し、一人でチェックインしましたが、朝食チケットは2人分渡されました。

インターネットはワイヤレス接続で、もちろん無料です。フロントでユーザーネームとパスワードを教え
てもらう必要があります。LANケーブルで接続するセンターポイント・ワイヤレスロードと比較すると、
ちょっと回線が遅いかな?

ロビーや朝食会場で見る限り、宿泊客は香港?台湾?それともシンガポール・マレーシアあたりの華
人か分かりませんが、ほとんど中国系の人ばかりだったのが、印象的です。

コンビニが近くにないことを除けば、相当満足度の高い滞在でした。ただ、現在は他のホテル・サービ
スアパートもかなり安くなっていますので、個人的には、今回宿泊したグランドスイートでも4,000バー
ツ以上は出せない、3,000バーツ台半ばくらいなら、また泊まりたいと思いました。
→近隣サービスアパートとの比較
グランデ センターポイント ホテル ラチャダムリの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索

グランデ センターポイント ラチャダムリ 2回目の宿泊記

他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミ、おすすめホテルを読む