日泰寺 日タイ友好の架け橋の仏教寺院 名古屋・千種

朝食の後は今回の名古屋旅行で一番のお目当てだった日泰寺へ向かいます。

地下鉄東山線に乗り覚王山駅で下車、徒歩10分ほどで日泰寺に到着しました。私が参拝したのは朝8時前ですが、午前5時に開門なので朝早い観光にはピッタリです。

1898年(明治31年)インドのピプラーワーで発見された釈迦の遺骨(仏舎利)が当時のシャム、現在のタイへ寄贈されます。更にその一部がタイ国王から日本へ下賜されることになり、その受入先として建立されたのが超宗派の覚王山日泰寺です。

1904年(明治37年)の建立時、タイはシャム(暹羅)という国名でしたので、覚王山日暹寺(にっせんじ)として創建され、1949年(昭和24年)にタイ王国への変更に伴い、日暹寺も日泰寺へ改名しています。

なかなか立派な山門です。

山口県の瑠璃光寺をモデルに建立された五重塔。この五重塔を含め現在の伽藍は昭和末期から平成にかけて整備された新しいものです。

鐘楼の鐘には故プミポン前国王のシンボル「ポー・ポー・ロー」マークあり、同国王から寄贈されたのでしょうか。

プラ・プッタ・サーカムニーとタイ語で書かれています。プラは尊称、プッタ=仏陀、サーカヤムニー(釈迦牟尼)です。

本堂も1984年(昭和59年)完成と比較的新しい。

仏舎利と共にシャム国の国宝だったものを当時のチュラーロンコーン大王から下賜された本尊の釈迦牟尼如来像。

この週末には境内で日・タイ文化フェスティバルが開催されるようです。

1987年(昭和62年)の日タイ修好100周年の記念として建立されたチュラロンコン大王(ラーマ5世)像。

タイ皇太子(現在のワチラーロンコン国王)による記念植樹。

赤い花が咲いていましたが、グーグルレンズによると「デイゴ」らしい。

仏舎利が収められている奉安塔は一旦境内から出て、少し離れた北東側の敷地にあります。

入って右手に舎利殿。舎利殿という名称ですが、ここに仏舎利が安置されているわけではなく、葬儀などが行われる斎場施設です。

奉安塔への参道。石段入口脇にあるのは暹羅両陛下、泰国国王、泰国皇太子の御参拝記念塔。

一般参拝客が入れるのは、この通天門の前まで。

拝殿の先にご真骨(仏舎利)が納められている奉安塔の一部が見えます。

亡くなった釈迦と悲しむ弟子の阿難尊者(アーナンダ)像。

ざっと見学して所要時間は約30分、予定より早く終了しました。

もう2年半以上タイに行っていないので、久しぶりにタイと関連するものに触れられてうれしかったです。

日泰寺周辺の地図とホテル

栄・錦・久屋大通 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

名古屋 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

名古屋 新規オープンのホテル・旅館

カテゴリー: 日本, 神社・仏閣・教会・モスク 日本 | タグ: , | コメントする

コーヒーハウス かこ KAKO 花車本店で映えるモーニング

名古屋2日目の朝、ホテルは朝食なしの予約なので、名古屋名物のモーニングを体験したいと思います。

ホテル周辺にモーニングをやっている喫茶店はいくつもあるのですが、なるべく早く活動をしたいので、7時開店のコメダ珈琲店にしようと思っていました。ですが、コメダ珈琲店は名古屋発祥と言っても全国チェーンなのでどこでもあるし、私が行こうと思っている店舗は特に本店でもないので、どうせなら名古屋でしか行けない店にしようと再度検討します。

で、最終的に決めたのがこちらのコーヒーハウスかこ 花車本店です。レトロな雰囲気満載の喫茶店ですね。すぐ近くにKAKO柳橋店という支店もあります。

モーニングメニュー(選べるモーニング)はこちら。

<モーニングサービスセット>
トースト又はトーストいちごジャム付き 無料(ドリンク料金のみ)

<モーニングプレミアムセット>
1)シャンティ―ルージュスペシャル ドリンク+350円
2)シャンティ― ドリンク+300円
3)クリームチーズ ドリンク+200円
4)フルーツコンフィチュール ドリンク+100円

名古屋のモーニングと言えば、飲み物の料金だけでトースト・サラダ・ゆで卵などが付いてくるので有名ですが、ネットで色んな店のモーニングの画像を見てみると、無料で付いてくるものは大したことないんですね。ボランティアではなく商売なのですから、そらそうですよね。過大な期待をしていました。

それなりのモーニングを食べるには、それなりにお金は出さないといけないということです。ということで、写真映えのする一番高いシャンティールージュスペシャルを注文しました。

ドリンクのメニューはこちら。

開店時間直後の7時過ぎに入ったのですが、カウンター席9席のうち8席が既に埋まっていました。皆さん常連で知り合いのような雰囲気です。

あの中に座らせられるのかと一瞬たじろぎましたが、私は2つある4人掛けのテーブル席へ案内されました(混んできたら、相席になりますと言われました)。タイミングによっては行列で結構待つこともあるようなので、朝一番に来て良かったかな。

注文したシャンティ―ルージュスペシャルがやって来ました。いかにも写真映えしてSNSで拡散されそうな見た目のモーニングです。ドリンクはブレンドコーヒー(アイス)にしたので550円+350円=900円です。

トーストの上にあんこ、ホイップクリーム、日替わりで4種類のフルーツコンフィチュールが乗っています。ところでコンフィチュールって何?ネットで調べると、ジャムほど煮詰めず、素材のフルーツの形状が残っていてさらりとしたものらしい。

4種類のコンフィチュールの名前を運んできてくれたスタッフが教えてくれたのですが、聞く準備をしていなかったので聞き漏らしてしました。バナナ、いちじく、カシス、オレンジマーマレード・・・とか聞こえたような気がするけど。

見た目だけではなく、味も美味しかったです。本当はゆっくり優雅な朝食といきたかったのですが、食べ終わった頃に観光客らしきお客さんがパラパラとやって来たので、すぐに退店することにします。

お店の場所は地下鉄・国際センター駅から徒歩3~4分、名古屋駅から10分ちょっと。

国際センター駅周辺の地図とホテル

名古屋駅 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

名古屋 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

名古屋 新規オープンのホテル・旅館

カテゴリー: グルメ 日本, 日本 | タグ: , , | コメントする

山本屋本店 大門本店で味噌煮込みうどん 名古屋めし

初日の夕食はこれまた名古屋のご当地グルメである「味噌煮込みうどん」を食べようと思います。

味噌煮込みうどんと言えば山本屋という知識はありましたが、店舗の場所を検索していると、山本屋本店、山本屋総本家、大久手山本屋、桜通大津山本屋と異なる山本屋が出てきます。大正時代に島本万吉氏が大須で経営していた「山本にこみ」が発祥で、実子が医者だったため従業員に店を継がせ、その後分家・暖簾分けで広がっているようです。

近場の名古屋駅周辺にいくつか店舗がありましたが、ホテルから徒歩17分の場所に山本屋本店大門本店があったので、ここにしました。どうせなら本店の方がいいかなと思いまして。ところで大門って「おおもん」、それとも「だいもん」?どちらの読み方もあるようですが、山本屋本店大門本店は「おおもんほんてん」のようです。

こちらが味噌煮込みうどんのメニュー。他に期間限定として、4種のキノコ入りやなめこ入り味噌煮込みうどんもありました。

私が注文したのは、ごはん付きお値打ちメニューから「天ぷら入り(1,859円)」。ご飯はおかわり出来ます。そんなにお腹は減っていなかったのですが、雑炊風にして食べるのも経験してみたかったので。

先ずはスープのみ頂いてみます。あっさりではないですが、思ったほど濃くない。例えが少し違うかもしれませんが、出汁が効いた蕎麦屋のカレーみたいな感じ。味噌煮込みうどんって、もっとドロドロに濃厚でしょっぱいイメージでした。

続いて麺を頂きますと・・・硬い、なにこれ?

讃岐うどんのようなコシがあるというより、生煮えみたいな歯ごたえ。でもネットで調べた限り、味噌煮込みうどんはこれが当たり前みたいです。普通のうどんは小麦粉・水・塩を混ぜて捏ねますが、味噌煮込みうどん用の麺は塩を入れないので(更にしょっぱくなるから)、こうした食感になるらしい。

あっさりした浅漬けは、味の濃い味噌煮込みうどんの箸休めにちょうどいい。

邪魔なえび天を蓋に移動させて食べます。後で知ったのですが、味噌煮込みうどんはこの蓋を取り皿代わりにして食べるのが流儀らしい。だから蓋には穴が開いていないそうです。

途中から卵を崩して絡めてみます。まろやかになりますね。

テーブルには薬味として七味と一味、それに漬物用?のしょうゆが置いてあります。

漬物の赤タマネギのスライスも投入。

最後の〆は汁の残った土鍋にご飯を投入するか、ご飯に汁をかけるか迷ったのですが、後者にしました。ご飯はお代り出来るのですが、さすがにお腹いっぱいだし、うどんにご飯と炭水化物ばかり摂取するのもどうかと思いましたし。

お支払いは現金の他、クレジットカード、交通系ICカードが利用可能でした。

お店の場所は地下鉄桜通線の中村区役所駅から太閤通を西へ7分程。

中村区役所駅周辺の地図とホテル

名古屋駅 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

名古屋 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

名古屋 新規オープンのホテル・旅館

カテゴリー: グルメ 日本, 日本 | タグ: , | コメントする

ヴィアイン名古屋駅前椿町 JR西日本系ビジネスホテル 旅行記・口コミ・評判

名古屋初日はヴィアイン名古屋駅前椿町(Via Inn Nagoya Ekimae Tsubakicho)に宿泊しました。ヴィアインはJR西日本系のビジネスホテルチェーンです。

シングルルームという部屋を予約、料金は1泊税・サ込、朝食なしで4,100円でした。

ロケーションは名古屋駅太閤通口(新幹線口)から徒歩4分程度。高層ビルが立ち並ぶ近代的な桜通口に比べると、太閤通口側は居酒屋などの飲食店が多くて、雑然とした庶民的な雰囲気です。コンビニは徒歩2分で同系列のヴィアイン名古屋新幹線口にファミリーマートが入っています。

部屋は1203号室、オープンして4年が経過していますが、まだまだ充分きれいです。広さは13平米ですが、そこまで狭いという印象はありませんでした。

シングルルームですが、ベッド幅は140cmとダブルサイズなのでゆったりしています。

枕元にはライトのスイッチ類、電源コンセント、USBポート、目覚まし時計があります。

窓に向かって充分な広さのライティングデスクがあるので、PC作業にも便利ですね。デスクの左右に2口ずつ電源コンセントがありました。

デスク下には冷蔵庫(電源がオフになっています)、ティッシュ、カップ、電気ケトル。

ラゲッジラック。

加湿機能付き空気清浄機。

部屋に入ってすぐのところに姿見の鏡、靴ベラ、洋服用ブラシ、使い捨てスリッパ。

その横には消臭スプレーとハンガーが4個ぶら下がっています。

バスルームも清潔です。時々天井が低くて(床が底上げされていて)圧迫感があるビジネスホテルもありますが、そんなこともありません。

洗面台周りにはハンドソープ、コップ、ヘアドライヤーのみ。

客室内にはアメニティグッズをほとんど置いていないので、ロビーにあるアメニティバイキングで各自必要なものを持って行くシステムです(ヘアブラシとカミソリは現在有料販売に変更されています)。

シャワーカーテンに生乾きのような臭いが多少していたのは、唯一のマイナスポイント。清掃時には問題なくても、その後の雑菌繁殖で臭いが発生することも多く、このシャワーカーテンの臭い問題って、ホテル側からするとなかなか解決が難しいみたいですね。

シャンプー、コンディショナー、ボディシャンプーはDHCブランド。

タオル類はバスタオルとフェイスタオルの2サイズ。

外で名古屋名物のモーニングを食べようと思い、私は朝食なしの予約にしましたが、別途払って食べる場合は1,200円となります。

館内設備としては2階にコインランドリーがあります。乾燥機能付き洗濯機が4台設置されており、料金は洗濯+乾燥(標準)500円、洗濯+乾燥(少量)400円、洗濯のみ300円、乾燥のみ(30分)100円。

また洗濯機の空き・使用状況は客室内のテレビで確認出来ます。

(参考)名古屋駅 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

ランドリールームには製氷機と自動販売機も設置されています。

自動販売機にはソフトドリンクの他、ビールや缶チューハイといったアルコール類もありました。

メンバーになると12時までの無料レイトチェックアウトやペットポトルの水をプレゼントという特典がありましたが、私は早朝にチェックアウトするので、加入しませんでした。

これといって特徴はありませんが、駅近で立地も良く、部屋はシンプルながらきれい、ビジネスホテルとして過不足ないアメニティ・設備があり、快適に泊まることが出来ました。

ヴィアイン名古屋駅前椿町の客室タイプ・料金を調べる

名古屋駅周辺の地図とホテル

名古屋 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

名古屋 新規オープンのホテル・旅館

カテゴリー: ホテル 日本, 日本 | タグ: , | コメントする

名古屋 大須徳川庵でかき氷 あいちスノーブーケ

熱田神宮からの帰り大須に寄ります。

やって来たのが大須徳川庵というお店。

旅行前に「あいち満喫パス」と共に「あいちスノーブーケ2022」のチケットを入手していました。あいちスノーブーケとは、「愛知ならではのおもてなしを詰めこんだ、まるで花束のような、かき氷」のことで、2022年(7~9月開催)は愛知県内30店舗が参加している名鉄観光主催のかき氷の祭典です。

チケット(定価2,000円)には2枚の引換券が付いているのですが、参加30店舗のうち名古屋は2店舗しかありません。そのうちの一軒がここ大須徳川庵なのです。私の場合、あいち満喫パスのおまけ的にタダ同然で入手したのですが、せっかくなのでと思い、やって来ました。

つきたて餅が名物ですが、夏場は徳川水餅とかき氷がメインの甘味処・スイーツ店です。

あいちスノーブーケで注文出来るかき氷は決まっていまして、この「徳川水餅氷 名古屋城抹茶金時」。西尾の抹茶をベースにしたかき氷に自家製あんこと「元祖鯱もなか」の鯱フレンド(サブレー)を乗せて、名古屋城をイメージしたかき氷です。あいちスノーブーケの引換券1枚=1,000円相当ですが、お店のメニューでは1,200円になっていました。

予定外だったのは、この店はテイクアウト専門でイートインスペースがないのです。それでかき氷なんて商品を出すのか・・・

一応、注文カウンターの端にイスが3客置いてあって、なんとかそこで食べられるようになっています。お店の人に聞いたら、近くの公園で食べる人もいるらしいけど、この不安定なでかい容器を持って歩くの?

かき氷自体はおいしいのですが、溶けるのがやけに早いような気がします。最後に底の窪んだ所に水餅なるものが入っているのを発見したのですが、ぷるんぷるんでスプーンでは非常に持ち上げにくかったです。

接客1人・製造1人のオペレーションなのですが、前の3人組がそれぞれ注文した水餅も手際が悪く、出てくるのにかなり待たされました。私の注文したかき氷も作るのが遅くて、食べ始めてすぐに溶けるのだと思います。

どこかに行列の出来る人気店と書かれていましたが、オペレーションが悪くて行列になっているだけかと。味はおいしいのにもったいないなあと思いました。

上前津駅周辺の地図とホテル

栄・錦・久屋大通 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

名古屋 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

名古屋 新規オープンのホテル・旅館

カテゴリー: グルメ 日本, 日本 | タグ: , , | コメントする

熱田神宮 三種の神器の一つ天叢雲剣(草薙剣)を祀る

昼食を終え、先ずは熱田神宮へ向かいます。

旅行前にフリマアプリで愛知県内6ヶ所の観光施設に入場出来る「あいち満喫パス」というチケットを入手しました。対象は9施設あり、うち名古屋市内が6施設なので、これをコンプリートしようと思います。熱田神宮は宝物館と草薙館の2ヶ所が対象になっているのです。

地下鉄・伝馬町駅で下車し、正門(南門)から参拝します。

正門から入ってすぐ左手に摂社・上知我麻神社があります。上知我麻神社と書いて、「かみちかまじんじゃ」と読みます。ご祭神は乎止與命(おとよのみこと)、日本武尊の妃である宮簀媛命(みやずひめのみこと)の父です。社殿の前には左右に大国主(大黒様)と事代主(恵比寿様)を祀るお社もありました。

上知我麻神社と同じエリアに別宮 八劍宮。和銅元年(708年)の創建で、御祭神は本宮と同じく熱田大神=三種の神器の一つである草薙神剣(天叢雲剣)を御霊代(みたましろ)としてよらせられる天照大神。社殿の佇まいからも只ならぬ雰囲気が感じられます。

熱田の杜(もり)と呼ばれる緑豊かな森の中の参道を歩いていると、心が洗われるような清々しい気分です。

あいち満喫パスを使って、草薙館を見学します。本来の入場料は大人500円、宝物館との共通券だと800円です。

草薙館という名称ですが、三種の神器の一つである草薙神剣が展示されているはずもなく。熱田神宮に古来より奉納されてきた刀剣類が約450点あり、その一部の十数口程度が展示されています。刀剣好きの方には必見なのでしょうが、そうでもない私にとっては・・・

続いて参道から外れて東側のエリアにある摂社・南新宮社に寄ったのですが、改修及び塗り直し工事中でした。ここには最近私が気になっている神様の素盞嗚尊(すさのおのみこと)が祀られているのですが、工事中は孫若御子神社にお遷り戴いているとのこと。

その孫若御子神社、尾張氏の始祖である天火明命(あめのほあかりのみこと)が祀られています。

また参道に戻ると、神様の使いで神鶏様と呼ばれる鶏に遭遇しました。軍鶏(シャモ)それとも名古屋コーチン?

こちらの宝物館もあいち満喫パスを使って見学しました。入場料は大人500円、草薙館との共通券が800円。建物自体は文化殿と言い、1階が宝物館・2階が熱田文庫となっています。

寄進された資料約6,000点を収蔵、うち国宝が1件1点(短刀 銘 来国俊 / 正和五年十一月日)、国指定重要文化財が27件・107点となっています。展示されているのはごく一部で、展示品はそれほど多くないです。

弘法大師お手植えで、樹齢1000年超と言われる大楠。

織田信長が桶狭間の戦いで勝利し、奉納したとされる「信長塀」。

いよいよ見えてきました、本宮です。と言っても、一般参拝客が入れるのは、下記画像の拝殿(四尋殿)前まで。その奥に鳥居、内玉垣御門、瑞垣御門、そして本殿が配置されています。

拝殿の脇からは鳥居と内玉垣御門を見ることが出来ます。

本宮のご祭神は熱田大神(あつたのおおかみ)=三種の神器の一つである草薙神剣(天叢雲剣)を御霊代としてよらせられる天照大神とされています。相殿神が天照大神、素盞嗚尊、日本武尊、宮簀媛命、建稲種命。

本宮の東側にある神楽殿。立派な建物ですが、結構新しい印象です。調べてみると、2009年竣工でした。

本宮をぐるっと取り囲むように「こころの小径」があり、ここが本殿に一番近づける場所なので歩いてみましょう。通行時間が9~16時なので、残り15分くらいとギリギリですが、立ち止まらずに歩くだけなら所要時間10分で充分。

少し奥まったところに一之御前神社があり、天照大神の荒魂が祀られています。

最後に熱田神宮の境内を一旦出て、地下鉄・神宮西駅そばにある摂社・下知我麻神社を参拝します。そういえば正門近くに知我麻神社がありましたね。

下知我麻神社には真敷刀俾命(ましきとべのみこと)が祀られており、上知我麻神社の御祭神である乎止與命の后らしい。つまり上・下知我麻神社には宮簀媛(ミヤズヒメ)の父母、日本武尊の義父母が祀られているということになります。

こんな感じで参拝・見学して、所要時間は約1時間半でした。

日本を代表する神社の一つである熱田神宮ですが、尾張国一宮ではないんですね。尾張国一宮は一宮市・尾張一宮駅近くにある真清田神社(ますみだじんじゃ)、熱田神宮は三宮とされています。

熱田神宮周辺の地図とホテル

金山・熱田 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

名古屋 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

名古屋 新規オープンのホテル・旅館

カテゴリー: 日本, 神社・仏閣・教会・モスク 日本 | タグ: , | コメントする

ヨコイで元祖あんかけスパゲッティ ミラカン 名古屋めし

名古屋に到着後、ホテルに荷物を預け、地下鉄全線24時間券を購入し、観光に出かけます。名古屋では名古屋メシを中心に楽しみたいと思います。

まずやって来たのが、あんかけスパゲッティの元祖であるスパゲッティハウス・ヨコイ住吉本店です。ウィキペディアによるとヨコイの創業者・横井博氏が、「そ~れ」というお店で働いていた時代に考案し、「そ~れ」が発祥の店、「ヨコイ」が元祖の店とされています。

入店したのはランチタイムも過ぎた13:40頃でしたが、さすがに人気店でそこそこお客さんは入っていました。このビルに移転してきたのが昭和50年(1975年)、歴史を感じるクラシックな調度品です。

名古屋のご当地グルメの一つであるあんかけスパは、茹でたスパゲッティをラードなどの油で炒め、餡のようなとろみのあるソースをかけたもの。

メニューには色んな具・トッピングのあんかけスパがあるのですが、注文したのはミラカン990円。「ミラカン」とは。ウインナー・ハム・ベーコン入りの「ミラネーズ」と、玉ねぎ・ピーマン・トマト・マッシュルームがトッピングされた「カントリー」を合体させたもので、ヨコイを代表する一番人気メニューらしい。

これにコールスローとポテトサラダが付いてきました。

具はハム、ソーセージ、ピーマン、タマネギ、マッシュルームでしょうか。麺は太さ2.2mmの極太麺と書かれていましたが、そこまで極太とは感じなかったです。

酸味のあるソースは胡椒がピリッと効いていて、個人的にはすごく好きです。酸味やスパイシーさだけではなく、旨味もあります。ヨコイのHPによると、材料は野菜7:トマト2:肉1の割合だそうです。

麺の増量は有料で1.2倍・1.5倍・W(2倍)がありました。初めてでどのくらいの量か分からないので通常サイズにしましたが、1.5倍にしても良かったかな。

お店によってソースやトッピングに特徴があるようなので、今度は他の店でも食べてみたいです。あんかけスパ発祥の店とされる「そ~れ」もまだ営業しているようなので、次に行くならここかな。

栄駅周辺の地図とホテル

栄・錦・久屋大通 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

名古屋 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

名古屋 新規オープンのホテル・旅館

カテゴリー: グルメ 日本, 日本 | タグ: , | コメントする

大阪・名古屋の高速バスが1,500円 Willer Express

大阪で1泊して名古屋に向かいます。どうせなら今まで利用したことがない交通機関で行こうと思って、当初は近鉄を考えていました。その後、youtubeで高速バスの動画(長時間乗車の過酷系)を見ていた際、大阪から名古屋の高速バスってどうなんだろうと思って調べるとびっくりするくらい安いのです。

私が利用したのは大阪梅田9:30発のWiller Express(ウィラー エクスプレス)WX704便。料金は2,000円、これに楽天トラベルのWiller Expressで使える500円割引クーポンを利用し、1,500円でした。

1,500円ですと、JR(3,410円)や近鉄(2,410円)の乗車券よりもかなり安いですよね。近鉄はネットオークションやチケットショップで株主優待乗車券が1枚1,700~1,800円程度で買えるみたいですが。

需要と供給で料金は変動しますから、同じウィラーエクスプレスでも運行日・便・予約時期によっては1,500円(クーポン利用前)になっていることもありますし、もっと高いこともあります。他に大阪バスの名古屋特急ニュースター号もかなり安かったです。

バスの乗車場所であるWILLERバスターミナル大阪梅田は、大阪駅から徒歩10分ほどの梅田スカイビルタワーイースト1階にあります。私が泊まっていたホテル阪神アネックス大阪からは徒歩17~8分かかりましたが、通勤ラッシュ時の電車に乗るよりはいいか。

WILLERバスターミナル大阪梅田は待合室としての機能以外に、コインロッカー、パウダールーム(シャワールーム)、自動販売機、ちょっとしたお土産物の販売などがあります。

出発時刻の10分前にアナウンスがあり、バスに乗り込みます。同時刻に東京池袋行きもありました。

リラックスという4列シートで、後方は女性専用となっています。トイレは付いていません。私の席は最前列の通路側1B。料金も安かったので、ガラガラかと思いきや、かなり埋まっていました。

隣席との仕切りは大きいのでプライバシーが確保出来る一方で、腕・肘が完全にシャットアウトされるので、少し窮屈に感じます。

またリラックスの最大の特徴はカノピーと呼ばれるフード。これで顔を隠せます。

基本的にレッグレスト・フットレスト付きなのですが、最前列はフットレストが付いていません。

通路側はアームレスト(肘掛けの)の下、窓側は壁に電源コンセントがあります。USBポートはありませんでした。無料wifiもあり、またWILLER THEATERという専用アプリで映画も無料で楽しめます。

少し通路にはみ出しているような感覚で、乗り込んでくる人が邪魔になりますが、乗車時と途中の休憩時の2回だけなのでまあいいか。フットレストもないし、最前列って外れの席で安く購入した人に割り当てるのかな(復路は6列目でしたが)。

夜行便ではなく、昼行便でも運転席との間のカーテンは閉めるんですね。

出発して1時間10分で草津PAに到着、20分間の休憩。

予定より7分ほど早く名古屋駅に到着。安全運転で走行、休憩を含めても所要時間は約3時間でした。降車場所は 則武1丁目(清正公通のNTT則武ビルの前)、名古屋駅からは徒歩5分程度離れています。

スーツケースなどの大きな荷物は無料でトランク(荷物スペース)に預けることも可能です。サイズは1個の場合3辺合計155cmまで、2個の場合3辺合計240cmまで。

3時間という比較的短い距離でもありますし、疲労感はほとんどありませんでした。シートピッチの広さや途中に休憩もあるせいか、飛行機のLCCよりはかなり楽という感想。

個人的に海外を含めて高速バスの最長はハノイ・サパ間の5~6時間ですが、座席がソファ風のかなりゆったりだったり、ベッド風になるものだったり、比較にならないか。でも東京・クアラルンプールなどLCCで7時間超の経験もありますし、これなら高速バス7~8時間も問題ないかなと思いました。

梅田スカイビル周辺の地図とホテル

大阪駅・梅田 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

名古屋駅周辺の地図とホテル

名古屋駅 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

カテゴリー: バス 日本 | タグ: , , | コメントする

福島酒場 情熱ホルモンで黒ホル 大阪・福島

明日の朝には大阪を離れるので、夕食は大阪いらっしゃいキャンペーン2022で貰った2,000円分のクーポンを消化しないといけません。

事前に同キャンペーンのサイトで検索し、行く店は決めていました。最近グルメタウンとして注目されている大阪・福島ですが、クーポンの使える店(クーポン加盟店)はそこまで多くなかったです。焼肉屋と居酒屋が多かったかな。大阪駅・梅田のある北区になると、もう大量過ぎて検索結果なんて全部見てられないという感じでした。

少し離れていますが、事前に決めていたインドレストランDIWALI (ディワリ)に向かいます。店に入って念の為「大阪いらっしゃいキャンペーンのクーポン使えます?」と聞いたら、使えないと。どこかに電話して確認していましたが、やはり使えないとの回答。

掲載していたのに、何だよ・・・

再度検索して、次はネオタイ(Neo Thai)というタイ料理店に向かいます。ここも少し離れているんですよね。

店に着くと、営業していませんでした。

しまった!ここは事前に検索した際に目を付けていたのですが、この日(日曜日)が定休日で候補から外したんだった。それをすっかり忘れていました。

仕方ないからホテルの1階に入っている蕎麦屋さんにするか、明日の朝食もここなんだよなと思いながら戻ると、ラストオーダーが終わっていました。

もう選ぶ気力もなくなり、夜も22時近くになると選択肢も減ってくるので、すぐ近くの福島酒場 情熱ホルモンで食べることにしました。

JR大阪環状線・福島駅前、大阪王将の入っているビル2階にあります。

ホルモン焼肉屋なのですが、油ギトギトなんてこともなく、こぎれいな内装です。入店する前に全席喫煙可なのが気になりましたが、タバコを吸っているお客さんもおらず(客自体が少なかったですが)、特に問題なかったです。

先ずはレモンサワー。歩き回って喉が渇いていたので、一杯目は一気に飲んでしまい、おかわり。

熱盛ホルモン塩焼き。塩タン、豚ほほ肉、かしわの3種盛り。

熱盛やみつき焼き。ハチノス、タンもと、鷄ももの3種盛り。

炭火の入った七輪で焼いていきます。

タレは味噌ダレと醤油ダレの2種類。

塩タン用のレモン。

白ご飯も注文して食が進みます。

これでそこそこお腹いっぱいだったのですが、店内のポスターで名物らしき「和牛 黒ホル」というのが気になります。超おすすめとも書いてありましたし。

お腹がふくれていたのと、数週間前に父が焼肉とビールをたらふく飲み食いした翌日に初めて痛風を発症して苦しんでいるのを見ていたので、少し躊躇したのですが、結局注文しました。

黒ホルとは黒毛和牛の小腸です。脂がぎっちり付いているので、焼き始めてしばらくすると垂れた脂で炎が上がります。

炎が大きくなり、一気に焦げてしまうので、焼くのが難しい。

超おすすめの黒ホルでしたが、脂が多すぎて私にはイマイチだったかな。

お勘定は、

熱盛ホルモン塩焼き 1,309円
熱盛やみつき焼き 1,309円
黒ホル 539円
ごはん(中) 319円
レモンサワー 352円x2
合計 4,180円

大阪いらっしゃいキャンペーンの電子クーポン2,000円分を使って、残りはPaypayで支払い可能でした。

良くも悪くもチェーン店ですので、特別感はないですが、まあ普通においしく頂きました。店員は基本的に放置してくれ、空いていた上に他にもお一人様がいて、一人焼肉でも居心地は悪くなかったです。

大阪環状線・福島駅周辺の地図とホテル

大阪駅・梅田 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

大阪 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

大阪 新規オープンのホテル・旅館

カテゴリー: グルメ 日本, 日本 | タグ: , | コメントする

ホテル阪神 アネックス大阪 セルフランドリーが無料 旅行記・口コミ・評判

神戸を1日観光後、大阪に移動し、ホテル阪神 アネックス大阪(Hotel Hanshin Annex Osaka)に宿泊しました。

ダブルという部屋を予約し、料金は1泊税・サ・朝食込みで6,560円、これからクーポンで328円、大阪いらっしゃいキャンペーン2022(地域ブロック割)で3,000円割引となり、3,232円でした。

ロケーションはJR大阪環状線・福島駅から徒歩2分、JR東西線・新福島駅と阪神電車・福島駅から徒歩4~5分、一駅先の大阪駅や梅田駅からも徒歩圏内15~20分程度。ホテル前には大阪環状線の高架下に居酒屋がずらっと並んでいます。私は翌朝の名古屋行バスの乗車場所がある梅田スカイビルまで徒歩圏内という条件で探しました(通勤ラッシュにあたる時間帯でしたので)。

ロビー・レセプションは2階になります。

部屋は815号室。

入ってすぐにクローゼット。洋服用ブラシ、靴ベラ、靴磨き用クロス、消臭スプレー、スリッパがあります。

引き出しを開けるとセーフティボックスが入っています。

洗濯後に気付いたのですが、これは何だろうと広げると、ランドリーバッグでした。

クローゼットの隣には洗面台。

洗面台にはハンドソープとコップくらいしか置いていないので、歯ブラシ・歯磨き粉、髭剃り、くし、ティーバッグはロビー階のアメニティバーで必要なものを各自持って行くスタイルです。

洗面台の下にはタオル類(バスタオル、フェイスタオル、ボディタオル)2セットとヘアドライヤー、ごみ箱があります。

部屋は15平米とあまり広くありませんが、一般的なビジネスホテルより華やかなインテリアです。オープンしてから3年以上経過していますが、まだまだ新しい感じがします。

「さくら」と「あかね」の2タイプの内装があり、私の部屋は「あかね」でした。ベッドスペースは板張りの小上がりになっており、その上にマットレスが置いてあります。ベッド幅(マットレス幅)は160cmとクイーンサイズなので、一人には広々していました。

ベッド脇にはライト類のスイッチと電源コンセント、USBポートがあります。反対側にも電源コンセント、USBポートあり。

枕が2種類置いてあるのはよくあるパターンですが、1種類の裏側はこんな溝がある珍しい形状。カバーの上から触ると、畳やござに使われるい草みたいな感じですが、おそらくプラスティック素材なのだと思います。

ワンピースタイプのパジャマ。

使い勝手はあまり良くないですが、テレビの下に小さな丸テーブルとデスクがあります。

電源コンセント、USBポート、HDMIポート、LANポート、ライトのスイッチ。

象印の空気清浄機なんてあるんですね。加湿機能は付いてなかったと思います。

こちらのキャビネットには冷蔵庫、デロンギの電気ケトル、それにビジネスホテルでは珍しくペットボトルのミネラルウォーターが置いてあります。

引き出しの中にはカップ。

朝になって分かりましたが、窓は大きくて明るい部屋です。すぐそばを大阪環状線の線路が通っており、部屋は8階で窓は2重になっていますが、電車の音は多少聞こえました(5~24時くらいまで)。私はそうでもないですが、神経質な方は気になるかもしれません。

続いてバスルーム。

一番スタンダードな部屋のダブルとツインはバスタブがなく、シャワーブースのみです。まだまだ暑い時期でしたし、私はどうしても湯船につかりたいというタイプではないので、特に問題なし。

シャワーブース内にイスも置いてありました。

シャンプー、コンディショナー、シャワージェルはペリカン石鹸の「プロバンシア」ブランド。以前もどこかのホテルに置いてあったのですが、シャワージェルはアーモンドの甘い香りがしてとても気に入っています。

朝食は1階の蕎麦酒房「ふくまる」にて、7:00~10:00(ラストオーダー9:45)。

ビュッフェスタイルではなく、和食のセットメニューです(以前はビュッフェだったようですので、新型コロナウィルス対策でしょうか)。正直、ちょっと貧相というか、気分は盛り上がらないかな。味は普通です。

上記に加え、蕎麦出汁仕立ての「ミニふくまる鍋」が付いてきます。豚肉と鶏肉も入っていて、これはおいしかった。

ドリンクのみセルフサービス。

私は朝食付きの予約でしたが、別途朝食券を購入する場合、宿泊者は1,500円(一般は2,200円)となっています。

館内設備としてはランドリーがロビー階(2階)にあります。乾燥機能付洗濯機が3台設置してあり、なんと無料で利用出来ます。暗証番号によるロック機能付きで、セキュリティ面でも安心です。

洗濯機の空き・使用状況は客室のテレビで確認出来ます。

(参考)大阪駅・梅田 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

ランドリールームとつながる隣の部屋には、アイロン・アイロン台と電子レンジが置いてありました。

ホテルは全室禁煙ですが、ランドリールームの先に喫煙ルームがありました。

また各階に自動販売機と製氷機あり。

ペイチャンネルのチケット販売機。

ビジネスホテルは無機質な内装になりがちですが、ホテル阪神アネックス大阪は華やかな内装ですし、まだまだ新しく、気分が上がります。それにランドリー無料というのもポイント高いですね。

今回は大阪いらっしゃいキャンペーンで安く泊まれて大満足でした。1泊3,232円で朝食付き&ランドリー無料、更に地域クーポン2,000円分が貰えたので、実質的にタダと言っても過言ではないです。

ホテル阪神 アネックス大阪の客室タイプ・料金を調べる

大阪環状線・福島駅周辺の地図とホテル

大阪 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

大阪 新規オープンのホテル・旅館

カテゴリー: ホテル 日本, 日本 | タグ: , | コメントする