福禅寺 対潮楼 朝鮮より東で一番美しい景勝地 福山・鞆の浦

仙酔島から鞆の浦に戻って来て、先ずは渡船場のすぐそばにある福禅寺対潮楼を見学します。

城郭のような立派な石垣の上の高台にあります。

さっきの仙酔島へ行く渡し船からも見えていました。

対潮楼は真言宗大覚寺派・海岸山千手院福禅寺の本堂に隣接する客殿として江戸時代の元禄年間(1690年頃)に建設されました。寺院自体は平安時代の天歴年間(947〜957年)の創建とされています。

下記の画像は本堂(観音堂)、対潮楼は奥に隣接しています。入場料(拝観料)は大人200円。

窓が大きく取ってあり、これは絶景ですな。雨の日はやっぱり窓を閉めるのでしょうか?逆に窓の閉まった対潮楼の画像は貴重かもしれませんね。

他のお客さんがいるので、手前にある朝鮮通信使に関する展示を先に見学しましょう。対潮楼は江戸時代に朝鮮通信使の迎賓館としても使われていました。

坂本龍馬率いる海援隊が乗船していて、この近くで沈没した「いろは丸」とみられる絵。いろは丸と衝突した船の持ち主である紀州藩と海援隊との賠償交渉もここ対潮楼で行われています。

隣接する本堂も見学可能です。

そろそろ窓の近くに行って景色を楽しみましょう。正面の多宝塔があるのが弁天島、右側の半円径の島が皇后島、後方の大きな島が仙酔島。

上に「日東第一形勝」と書かれた扁額があります。朝鮮通信使・李邦彦がこの景色を称賛した言葉で「朝鮮より東で一番美しい景勝地」という意味らしい。窓枠を額縁に見立てた絵画か屏風みたい。サザエさんのオープニングで使われたこともあるようです。

この一番映えるフォトスポットから人の姿無しで撮影したかったのですが、上のお二人になかなか動く気配がないので、諦めて次に向かいます。

対潮楼周辺の地図とホテル

福山 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

福山・鞆の浦 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

福山・鞆の浦 大浴場付きのビジネスホテル・旅館

カテゴリー: 名所・観光スポット 日本, 神社・仏閣・教会・モスク 日本 タグ: , , パーマリンク