ヴィアイン名古屋駅前椿町 JR西日本系ビジネスホテル 旅行記・口コミ・評判

名古屋初日はヴィアイン名古屋駅前椿町(Via Inn Nagoya Ekimae Tsubakicho)に宿泊しました。ヴィアインはJR西日本系のビジネスホテルチェーンです。

シングルルームという部屋を予約、料金は1泊税・サ込、朝食なしで4,100円でした。

ロケーションは名古屋駅太閤通口(新幹線口)から徒歩4分程度。高層ビルが立ち並ぶ近代的な桜通口に比べると、太閤通口側は居酒屋などの飲食店が多くて、雑然とした庶民的な雰囲気です。コンビニは徒歩2分で同系列のヴィアイン名古屋新幹線口にファミリーマートが入っています。

部屋は1203号室、オープンして4年が経過していますが、まだまだ充分きれいです。広さは13平米ですが、そこまで狭いという印象はありませんでした。

シングルルームですが、ベッド幅は140cmとダブルサイズなのでゆったりしています。

枕元にはライトのスイッチ類、電源コンセント、USBポート、目覚まし時計があります。

窓に向かって充分な広さのライティングデスクがあるので、PC作業にも便利ですね。デスクの左右に2口ずつ電源コンセントがありました。

デスク下には冷蔵庫(電源がオフになっています)、ティッシュ、カップ、電気ケトル。

ラゲッジラック。

加湿機能付き空気清浄機。

部屋に入ってすぐのところに姿見の鏡、靴ベラ、洋服用ブラシ、使い捨てスリッパ。

その横には消臭スプレーとハンガーが4個ぶら下がっています。

バスルームも清潔です。時々天井が低くて(床が底上げされていて)圧迫感があるビジネスホテルもありますが、そんなこともありません。

洗面台周りにはハンドソープ、コップ、ヘアドライヤーのみ。

客室内にはアメニティグッズをほとんど置いていないので、ロビーにあるアメニティバイキングで各自必要なものを持って行くシステムです(ヘアブラシとカミソリは現在有料販売に変更されています)。

シャワーカーテンに生乾きのような臭いが多少していたのは、唯一のマイナスポイント。清掃時には問題なくても、その後の雑菌繁殖で臭いが発生することも多く、このシャワーカーテンの臭い問題って、ホテル側からするとなかなか解決が難しいみたいですね。

シャンプー、コンディショナー、ボディシャンプーはDHCブランド。

タオル類はバスタオルとフェイスタオルの2サイズ。

外で名古屋名物のモーニングを食べようと思い、私は朝食なしの予約にしましたが、別途払って食べる場合は1,200円となります。

館内設備としては2階にコインランドリーがあります。乾燥機能付き洗濯機が4台設置されており、料金は洗濯+乾燥(標準)500円、洗濯+乾燥(少量)400円、洗濯のみ300円、乾燥のみ(30分)100円。

また洗濯機の空き・使用状況は客室内のテレビで確認出来ます。

(参考)名古屋駅 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

ランドリールームには製氷機と自動販売機も設置されています。

自動販売機にはソフトドリンクの他、ビールや缶チューハイといったアルコール類もありました。

メンバーになると12時までの無料レイトチェックアウトやペットポトルの水をプレゼントという特典がありましたが、私は早朝にチェックアウトするので、加入しませんでした。

これといって特徴はありませんが、駅近で立地も良く、部屋はシンプルながらきれい、ビジネスホテルとして過不足ないアメニティ・設備があり、快適に泊まることが出来ました。

ヴィアイン名古屋駅前椿町の客室タイプ・料金を調べる

名古屋駅周辺の地図とホテル

名古屋 4ベッド・4人部屋のあるホテル・コンドミニアム

名古屋 新規オープンのホテル・旅館

カテゴリー: ホテル 日本, 日本 タグ: , パーマリンク