タイ ライオンエア ヤンゴン・バンコク ドンムアン線 旅行記・口コミ

ヤンゴンで3泊し、次は今回の旅の最後の目的地となるバンコクへ向かいます。

利用するのはタイライオンエアSL201便です。

予約時はヤンゴン発10:10でしたが、スケジュール変更で8:30発になりました。そのせいでホテルの朝食は食べられませんでした。

ヤンゴン国際空港のターミナルへ入る際にもセキュリティチェックがあります。

チェックインカウンターは待ち時間なし。

出国審査は結構並んでいるなあと思いましたが、それはミャンマー人のレーンだけで外国人レーンは空いていました。

出国審査の後、再度セキュリティチェックあり。

搭乗まではプライオリティパスで利用出来るミンガラースカイCIPラウンジで朝食を兼ねて時間をつぶします。

ラウンジも飽きたので早めに搭乗ゲートへ。

私の乗るKL201便は8:30発ですが、バンコクからのフライトは7:25頃に到着しました。遅延はなさそうですね。

使用機材はボーイング737-900ER。ボーイング737はエアバスA320と並びLCC御用達の機材です。

座席配置は3-3。

LCCの機内持込手荷物サイズは56 x 36 x 23cmなど3辺合計115cm以内というケースが多いですが、タイライオンエアは30 x 40 x 20cm(合計90㎝)とかなり厳しいです。

ですが、どう見てもサイズ超えてるだろ?という手荷物を持ち込んでいる乗客がポツポツいました。

この後バンコク・関西でもタイライオンエアを利用したのですが、そこでも明らかにサイズオーバーと思われる手荷物を持ち込んでいる客がいました。

元のサイズ設定が厳しい分、チェックが緩いのかな?

私はサイズ的にも重量的にも機内持込手荷物の範囲に収まらないので、有料で受託手荷物にしました。タイライオンエアを含めライオンエアグループは受託手荷物を1kg刻みで追加(購入)出来るのは良心的です。

座席指定はしていませんでしたが、通路側の23Dとなりました。

隣は中国人カップル。全体的に中国人が多く、バンコク・ドンムアン空港で中国行きの便に乗り継ぐのか、CIQのステッカーを貼っている乗客が目立ちます。

シートピッチは29インチ(約74cm)、狭いので膝がシートポケットに当たりますが、近距離路線のLCCでは普通です。

機材自体は新しくてきれいでした。

離陸後、水平飛行になってタイの入国カードが配布され、機内販売も始まります。買っている人はほとんどいませんでした。

フライトスケジュール上は1時間20分ですが、1時間ほどでバンコク・ドンムアン空港に到着。下手したらタイ国内線より近い?

わずか1時間程度のフライトですので、料金とスケジュール優先で、航空会社にこだわる程ではありません。

その他のタイライオンエアの搭乗記を見る

海外航空券なら安心のHIS系 サプライス

ヤンゴン ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

カテゴリー: タイ, ミャンマー, 航空会社 タイ, 航空会社 ミャンマー タグ: , , パーマリンク