台南 林百貨店前の慰安婦像

ホテルのチェックイン時間は15時なので、それまで荷物を預けて時間つぶしをします。

この時間を利用してお土産でも買っておこうと思い、林百貨へ向かいます。

林百貨店の対角にある台湾土地銀行台南支店、旧日本勧業銀行台南支店です。1937年に完成し、現在は市定古跡に登録されています。

林百貨は1932年に建設、こちらも市定古蹟。

無事お土産も購入出来まして・・・

忠義路を渡った向こう側にあるのは、ニュースで見たことがあるあれですな。

台湾で初めて設置された慰安婦像です。

中国語の説明、日軍性奴隷なんて書いてあります。

日本語。

英語。

そして韓国語(ハングル)。

台北の慰安婦博物館「AMA阿媽家」もそうですが、韓国系団体との連携が窺えます。

慰安婦像が立っているのは、排日・反日志向の強い国民党台南支部の土地です。

この時は総統選を約1ヶ月後に控えていました。国民党候補の韓國瑜・高雄市長の顔写真がデカデカと。

2016年民進党政権は、戦後国民党が不当に接収した資産を没収する法案を成立させ、2018年に台湾行政院(内閣)がこの国民党台南支部の土地・建物に対し差押請求をしています。

またその前に国民党の元職員らが未払いの給油・退職金の支払いを求めて差し押さえを請求しています。

二重の差押請求がされている中、裁判所が差し押さえを決定したのが2018年5月、慰安婦像が設置されたのが2018年8月14日です。

差し押さえられた土地・建物の競売を妨害しようと歴史問題を絡ませて政治問題化、民進党批判をする為に慰安婦像が建てられたとされています。

慰安婦が設置された後の2018年9月に一回目の競売が実施され(入札者はおらず競売は不調)、国民党は慰安婦像が建てられたから、民主党政権が日本に忖度し、競売にかけたと主張。

そして2018年10月に3回目の競売で台北の建設会社が落札したのですが、慰安婦の立っている狭い土地は第三者に貸し出されており、今回の競売の対象外ということが明らかになっています。

これも差押・競売を妨害する為に、第三者(実際は国民党の息の掛かった第三者でしょうが)に賃貸されたという憶測が出ています。

滞在中3回ほど近くを通りましたが、慰安婦像前で足を止めている人はいませんでした。

慰安婦像の場所は、林百貨の忠義路を挟んだ対面、国民党台南支部とフーワードホテル(富華大飯店)の間です。

ハヤシ百貨店周辺の地図とホテル

台南 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

カテゴリー: 台湾, 名所・観光スポット 台湾, 歴史的建造物 台湾 タグ: , , パーマリンク