潮州三山国王廟 潮州人・客家人の信仰 屏東県潮州鎮

上好佳客式炒板條で昼食を済ませ、お腹も落ち着いたところで 潮州観光のスタートです。

上好佳客式炒板條から建基路を歩いて1分も経たないうちに出てくるのが潮州三山國王廟。

潮州三山国王廟は忠主宮とも言い、これといった観光資源のない潮州では一番の観光名所と言えるかもしれませんが・・・

観光客どころか地元の参拝客も見当たりません。

ランタンがきれいですね。

三山国王廟ですから、中央に祀られているのは三山国王です。

三山国王とは広東省潮州府揭陽縣霖田都河婆墟(現在の広東省揭陽市揭西縣河婆鎮)にある3つの山、巾山、明山、獨山を神格化したもの。

主に潮州人、客家人に信仰されています。台湾ですと潮州人が少ないので、三山國王廟=客家人というイメージでしょうか。

三山国王の左(向かって右)には子授け・子宝の女神である註生娘娘。

右が土地の神様、福徳正神(土地公、大伯公)。

こういう中国建築でよく見られる天井の構造を「藻井」と言い、円形、八角形、四角形といった形状があります。

東西南北中それぞれの営(軍)を率いる五營将軍(五營神將)を祀る五営将軍府。中央を担当するのが中壇元帥(哪吒)です。

本殿以外にもう一つ、太歳殿・財神宮という建物がありますので、こちらも見学してみましょう。

立派な龍柱ですね。

龍の下には鯉が描かれています。中国の故事では黄河にある滝=龍門を登れた鯉が龍になるとされ、それが「登竜門」と「鯉の滝登り」です。

1階は太歳殿となっており、中央には太歳星君が祀られていると思いきや、4つの顔と8本の手を持つ斗母元君です。仏教では摩利支天。

斗母元君は北斗七星に輔星(左輔)と弼星(右弼)を加えた北斗九星(=九皇大帝)の母親とされています。

斗母元君の前に小さな神像があり、これが厄災の神様・太歳星君でした。

太歳星君は十干と十二支を組み合わせた六十干支、つまり60年間毎年変わる神様の総称で、己亥である2019年の担当として祀られているのが謝太大將軍。

残りの59柱の神像はこちらに祀られています。

今年の担当の謝太大將軍は中央に祀られているので、その場所だけ空席となっております。

2階は財神宮になっています。

中央には武財神と言われる趙公明(玄壇真君)。

趙公明は黒面(黒い顔)で虎に乗っているのが典型的なお姿です。

左(向かって右)に学問の神様・文昌帝君。

右には月老星君、つまり運命の赤い糸でお馴染み縁結びの神様・月下老人です。

派手派手な装飾の本殿の屋根。

台南の三山国王廟は地味な潮州式建築でしたが、潮州三山国王廟は台湾でよくある閩南式(福建式)の派手なタイプでした。

主に潮州人や客家人に信仰されているので、三山国王廟=潮州式建築かと思いきや、台湾では多くが閩南式建築みたいですね。

いつもように先ずは管理人の方には画像撮影許可を頂いたのですが(断られたことはまずありません)、参拝客は全くいなかったので、気兼ねすることなく見学・画像撮影出来たのが良かったです。

潮州駅周辺の地図とホテル

高雄 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

カテゴリー: 台湾, 神社・仏閣・教会・モスク 台湾 タグ: , , パーマリンク