やよい軒 クアラルンプール・ロット10の日本食レストラン

チャイナタウンのホテルへチェックイン後、ブキビンタンへやって来ました。

頼まれ物を購入後、遅い昼食の為にロット10の伊勢丹へ。もう1年以上前なのですが、マレーシアにやよい軒が出店したとのニュースがあったので、行ってみようかと。

ロット10の4階らしいので、以前行った「あんず」と同じ伊勢丹 ザ ジャパン ストアのレストラン街かな。

伊勢丹の4階は「ザ テーブル」という名称で、日本食レストランが5~6軒入っているのですが、やよい軒が見当たりません。

おかしいなと思いながら、伊勢丹を出てみるとロット10の4階(伊勢丹部分以外)も「J’s Gate Dining」という和食レストラン・カフェが10数軒出店するレストラン街になっていて、その一画にやよい軒があります。

平日の14時半という時間なので、ガラガラ。スタッフらしき男性がテーブルでPC見ながら何か作業していましたが、客は私だけ。

一部のテーブルには注文用のタブレットが設置されています。せっかくなのでこれを使ってオーダーしますか。

魚が食べたいと思って来たんですよ。この「しまほっけ塩焼き」のセットにしよう。お値段はRM47.50。

オプションとして、味噌汁をアサリにするとRM4.60、ご飯を十六穀米にするとRM2.30、刺身3切追加でRM10.30。

こちらは通常の紙のメニュー。各メニューに魚・牛肉・豚肉・鶏肉のマークが記載され、使用食材が分かり易くなっています。

他民族国家で宗教も多様なマレーシアですからね。外国人観光客が増えている日本のレストラン・食堂も取り入れればいいのにと思います。

注文も済んだし・・・

と思っていましたが、日本食レストランとはいえ海外ですから、水もお茶も無料では出てきません。

すぐに卓上のタブレット端末で緑茶を注文。オーダー完了から20秒くらいで出てきました、早っ!

注文したしまほっけ塩焼きのセットです。ご飯、味噌汁、サラダ、豆腐、漬物が付いています。海外らしく、味噌汁用?のスプーン・レンゲ付き。

肝心のホッケなのですが・・・

味が薄くて、なんとなく水っぽい気がするなあ。

縞ほっけ(キタノホッケ)だからでしょうか。それとも調理(解凍)の問題?決して不味いわけではないのですが、おいしい焼き魚を食べられたという満足感もありません。メニュー選択失敗したかな。

お勘定はサービス料10%とSST6%が加算されて、合計RM60.75(約1,600円)。

チキンやポークのセットならRM30以下からあります。

ロット10周辺の地図とホテル

クアラルンプール ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

カテゴリー: グルメ マレーシア, マレーシア タグ: , パーマリンク