ホテル キャピタル コタキナバル 旅行記・口コミ・評判

現地ツアーから戻って、預けていた荷物をピックアップし、次のホテルへ移動します。歩いて2分くらいなので、すぐですけどね。

コタキナバル最終日はホテルキャピタル(Hotel Capital)に宿泊しました。ホテルキャピタル、漢字では京都大酒店。

デラックスという部屋を予約、料金は1泊税・サ込、朝食なしで4,525円(RM185)。

ロケーションはウィスマムルデカの前、ジャラン・ハジ・サマン(ジャラン・トゥン・ラザク)にあります。おいしい食堂・レストランが多く、サンデーマーケットも開催されるガヤストリート、ショッピングモール「スリアサバ」もすぐ近くです。

コタキナバル空港から/へのエアポートバスのバス停があるホライズンホテルが徒歩3~4分、サピ島・マヌカン島などへ行くボート乗り場、ジェッセルトンポイントも徒歩10分圏内。コンビニもホテルの裏手、パンタイ通りにセブンイレブンが徒歩1分にあります。立地は間違いなく良いですね。

部屋に入りますと、結構広いです。そして最近改装されたのか新しくてきれい。外観やロビーの古めかしい感じとは大違い。

角部屋みたいで、窓が扇状に広がっています。

決してきれいではないですが、海も見えます。

枕は低反発というかほぼクッション性がないタイプ。中国人仕様?普通の軟らかい枕もクローゼットに入っていました。

ライティングデスクはやたらと横に長い。デスクの下に冷蔵庫。

電源コンセント・プラグは全てマレーシアのBFタイプなので、日本のAタイプを使用するには変換アダプターが必要。

インターネット接続はWifiで無料ですが、繋がりが悪い、アクセススピードも遅いで、かなりストレスがありました。

テレビはラブホテル風に天井から吊り下がっています。盗難防止?TVチャンネルにNHKワールドはなし。

クローゼットにアイロン・アイロン台。

セーフティボックスに軟らかい枕、それにスリッパあり。

続いてバスルームです。

洗面台の横に固定式のヘアドライヤー。

バスタブはなくシャワーブースのみですが、ブース内は広くてゆったりしており、お湯の温度や量・水圧も文句なし。

アメニティ類はシャンプー、シャワージェル、石鹸、シャワーキャップのみ。タオル類はバスタオル、フェイスタオル、ハンドタオルと3サイズありました。

プールやフィットネスジムと言った館内設備はなく、1階に有名なイタリアンレストラン「リトルイタリー」が入っている程度。

朝、ドアにボルネオポストという英字紙が掛かっていました。

部屋はきれいで広さも充分、便利な立地で、料金からすればかなりコストパフォーマンスは良いと感じました。但し、Wifiだけは改善して欲しいです。

スタンダード(19平米)とデラックス(32平米)では、それほど料金差がないので、デラックスを予約する方が圧倒的におすすめです。

ホテルキャピタル コタキナバルの客室タイプ・料金を調べる

コタキナバル その他のホテル・サービスアパート宿泊記

ウィスマムルデカ周辺の地図とホテル

コタキナバル ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

カテゴリー: ホテル マレーシア, マレーシア タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)