メゾン ダラブア ルアンパバーン 旅行記・口コミ・評判

ルアンパバーン2日目はメゾン ダラブア(Maison Dalabua)というホテルに宿泊しました。

クラシックルームという部屋を予約、料金は1泊税・サ・朝食込で7,378円(約70ドル)でした。雨季のローシーズンなので比較的お安め、ハイシーズンは1万円近く?それ以上?するようです。

ナイトマーケットが開催されるシーサワンウォン通りを西に進むと、チャオファーングム通り→ポーティサラ通りと名前を変えますが、ポーティサラ通りから少し奥まったところ。

賑やかなナイトマーケットの端から徒歩7~8分。世界遺産に指定されているエリアのぎりぎりに近い立地。ホテルの周りは静かな環境ですが、ルアンパバーンのメインストリートと言っても良い大きな通りですし、街灯もあってわりと明るいので、夜歩いていても怖さは感じなかったです。

ポーティサラ通り(Phothisalath Road)に面した入口に小さな看板が出ていますが、見過ごしてしまいそう。

通りからホテルへのアプローチ。夜になると幻想的。

チェックイン時にウェルカムドリンク&おしぼり、それにルアンパバーンの地図を頂き、簡単に街の説明をしてくれます。

階段を上がって、部屋の前の廊下?にちょっとしたソファセット。

部屋は2階の117号室でした。

部屋に入ると、レモングラスのアロマが焚かれていていい香り。レモングラスの匂い好きなんですよね。

ピカピカに新しいわけでも、高級・ラグジュアリーな感じでもないですが、安っぽくもないです。木製の家具とかテラコッタ風の床とか、内装も少し凝っていてブティックホテル風。落ち着くというか、心が安らぐというかそんな部屋でした。

ライティングデスクも充分な広さ。

インターネット接続はWifiで無料ですが、多少つながりが悪かったり、アクセススピードが遅かったりしました(YouTubeなどの動画サイトは厳しい)。

番組案内にはNHKも書いてあったのですが、実際にはなかった。

無料のドリンキングウォーターにインスタントコーヒー、ケトル、冷蔵庫の中にはミニバー。

クローゼットにはセーフティボックス、傘、ヘアドライヤー。

続いてバスルーム。

バスタブはなくシャワー(ハンドシャワー&レインシャワー)。大きな問題ではないですが、シャワーはお湯が出るまで多少時間がかかったり、水圧も少し弱かった。

シャワージェルにシャンプー。スパとかに置いてあるような、ちょっと高級っぽい匂いがしました。

シャワーキャップに綿棒。タオル類はバスタオル、フェイスタオル、ハンドタオルの3サイズが置いてありました。

小さいですが、中庭にプールもあります。

プール周りの棟はちょっと上のカテゴリーの部屋かな。

私の部屋は向かって右手の建物にありました。

朝食会場は睡蓮の池の脇に。

ホテル名のダラブア(ダーラーブア)は、蓮の王女という意味です。池に咲いているのは、蓮(ロータス)ではなく、睡蓮(ウォーターリリー)ですけどね。睡蓮はラオス語・タイ語でブア・サーイ、直訳すると(遅めの)朝の蓮。

朝食はビュッフェスタイルですが、小規模なホテルなので、料理の数はそれほど多くはありません。

一品一品は丁寧に作られている感じで、味もおいしかった。ラオス料理もいくつかありましたし、満足です。

スタッフもよく挨拶してくれ、特に西洋人女性(フランス人?)の気配りはなかなかのもの。部屋などのハード面も悪くなかったですが、それ以上にホスピタリティというソフト面で優れていると思いました。

今回、ルアンパバーンでは3軒のホテルに泊まりましたが、このメゾンダラブアが一番良かったです。

メゾン ダラブアの客室タイプ・料金を調べる

ルアンパバン その他のホテル・サービスアパート宿泊記

ワットマノーロム周辺の地図とホテル

ルアンパバーンのホテル

カテゴリー: ホテル ラオス, ラオス タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)