パークロイヤルホテル クアラルンプール 旅行記・口コミ・評判

今回クアラルンプールで泊まったのは、パークロイヤル(Parkroyal Kuala Lumpur)でした。前回3月はサービスアパートメントのパークロイヤル サービススイート
でしたが、今回はホテルの方です。

一番安いスーペリアという部屋で、料金は1泊税・サ込・朝食なしで約82USドル(約6,500円)でした。

クアラルンプールに昔からある老舗で、かつては高級ホテルの部類に入っていたと思いますが、最近はKLも海外の高級ホテルブランドも増え、パークロイヤルは中の上くらいのイメージでしょうか。

場所はブキッビンタン地区、スルタンイスマイル通りに面しており、モノレールのブキビンタン駅が徒歩3-4分、インビ駅も5~6分と交通の便の良い立地。クアラルンプール一の繁華街なので、ショッピングモール、レストラン、マッサージ店など買い物・食事とどこにしようかと選ぶのに迷うくらいたくさんあります。

ロビーに入ると、まあまあ高級ホテルっぽい感じはあります。

スーペリアルームは23平米と狭めですが、そんなに圧迫感はなかったですね。一人で泊まるには充分でした。パークロイヤルホテルというと、ちょっと古臭いイメージがあったのですが、部屋は最近改装されたのか、わりにきれいでした。

ライティング、エアコンはベッド脇のコントロールパネルで調整可能で便利です。

インターネット接続は無線Wifiでも部屋の備えつけのLANケーブルでもどちらでも可。今まで有料でしたが、3月から無料になったようです。私はLANケーブルで使用しましたが、アクセススピードも東南アジアのホテルとしては良い方ではないでしょうか。それほどストレスなく利用できました。

またこのデスクスペースのところにのみ1ヶ所ですが、日本のコンセントが使用できるユニバーサルタイプの電源差し込み口がありました。

洗面台がベッドルーム側にあります。このパターンはクアラルンプールのホテルでは比較的多いような気がしますが、個人的には使いづらいです。ここに鏡がないのでちょっと違和感もありましたし。

アメニティグッズはいろいろと揃っています。

クローゼットはドアを入ってすぐ、ウォークインタイプになっています。セーフティボックス、バスローブに加え、アイロンとアイロン台も常備されていました。

バスルーム(シャワールーム)とトイレは別々です。バス・トイレ別は良いのですが、バスルームのドアを開けるとすぐシャワーブースとなっており、更衣スペースはないので、二人で泊まる場合は相手を選びますね。

バスルームというかシャワーブースはハンドシャワーのみ。お湯の温度も問題なく、気持ち良いくらい量も充分に出ますし、排水の問題もありません。ただ寝ていると、他の部屋のシャワーを浴びる音(水が水道管を通る音?)が結構聞こえてきました。

トイレにはアジアでお馴染みのホース式(手動式)のウォシュレットも付いていませんでした。

基本的に外出していて、ホテルでは夜寝るだけでしたが、部屋は清潔・こぎれいで特に不満もないですし、立地が良く、いろいろ出かけていくには非常に便利でした。

シンガポール・マレーシアでは老舗ブランドのパークロイヤルなら、そんな酷い・不快なことはないだろうという、安心感はあります。

パークロイヤル クアラルンプールの客室タイプ・料金を調べる

クアラルンプール その他のホテル・サービスアパート宿泊記

ブキビンタン駅周辺の地図とホテル

クアラルンプール 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

カテゴリー: ホテル マレーシア, マレーシア タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)